カントン包茎手術の金額はどれくらいが相場なの?

カントン包茎の手術費用の金額相場

カントン包茎は包皮の開口部が狭いことにより起こる、勃起障害の一種となります。
男性は子供の頃は全員包茎ですが、成長するにつれて性の目覚めを迎えて自慰行為を覚えたり、勃起をすることによって亀頭部が露出してゆくようになるのです。
そして結婚をして子供を作る時には、こうした性の目覚めからペニスの成熟を迎えてスムーズに子作りが行えるようになります。

カントン包茎は勃起障害になり、この一連の流れである性的興奮からの勃起状態になってゆく時に、包皮が障害になって痛みや鬱血を招いてしまう状態になります。
治療は外科手術になり、泌尿器科で保険適用での治療を行うことも出来ますが、美容クリニックで審美的な形成手術を選択することが出来ることが特徴です。

美容クリニックでは費用の幅がありますが、金額的にはカントン包茎の場合は10万円から30万円程度の金額になります。
金額は自費診療になりますので、施術方法により異なりますし、クリニックによっても金額基準が違います。

カントン包茎のリスクとは

包皮口が狭いことで起こるカントン包茎は、無理に剥いてしまうと痛みが発生してしまうことがあります。
自分で剥いていても元に戻すのは自分では行えなくなることもあり、包皮が陰茎を締め付けることにより鬱血してしまうリスクもあるのです。
鬱血状態が続いて血流阻害が起こってしまうと、血管や神経に負担がかかり最悪の場合には壊死をしてしまいます。

治療によってカントン包茎は改善することが出来ますが、治療ルートはいくつか異なります。
泌尿器科で決められた施術方法で手術を行う場合には、数万円の費用で治療を行うことが出来るのです。
しかし施術跡が残ったり、縫合箇所が目立ってしまうなどのメリットが発生してしまうこともあります。

対して美容クリニックでは仕上がりの美しさを追求しており、包茎手術を行いながら目立たないように縫合することを目的にしております。
保険適用が出来ない場合には、10万円程度から30万円程度の相場費用がかかります。

まとめ

カントン包茎は包茎の中でも積極的な治療が必要であり、放っておいて治ったり無害ではありません。
包皮が陰茎を締め付けてしまい、神経や血管を圧迫してダメージを与えてしまうことさえあるのです。
だから積極的に治療を行わなければいけません。

保険適用での治療相場は3万円から5万円程度であり、クリニックでは10万円から30万円程度が相場になります。
費用的な問題だけではなく、仕上がりや施術方法を含めて検討する必要があります。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です