男の子が生まれた時には、最初から仮性包茎か真性包茎のどちらかになっています。
やがて青年期になると、包茎から脱する人もいますが大人になっても仮性包茎のままの人も6割ぐらいはいると言われています。
ただその中には、カントン包茎になる人もいることを知っている人は少ないはずです。

カントン包茎は、仮性包茎の1部と言われていますが実態は真性包茎に近いものになります。
実はカントン包茎の状態が長く続いてしまうと、著しく陰茎の機能が低下する可能性があるでしょう。
特に先端部分は手術をしなければ使い物にならなくなってしまうことがあります。
では、実際にカントン包茎手術をする場合どれぐらいの金額がかかるのでしょうか。

手術をした方が良いカントン包茎とは

カントン包茎について調べた人はわかるかもしれませんが、仮性包茎などと比べると手術をした方が良いケースが多いと言われています。
ただ全ての人が手術をする必要は無いものの、かなり多くの場面で手術をしなければならないと言えるでしょう。
例えば、性行為をする場合は完全に亀頭が出ないか出たとしても皮の狭い部分で圧迫してしまいうっ血状態になってしまいます。
その段階に陥るともはや性行為どころではありません。

またうまく皮が剥がれていないことにより垢が溜まりやすいだけでなく、病気になる可能性も高まります。
風邪をひいた場合のように数日で元に戻るならば別ですが、その状態がずっと続くとすればやはり手術が必要になるでしょう。
とは言え、仮性包茎と言っても様々な種類がありごくまれに仮性包茎に近い人もおり、この時には手術をしなくてもよいと言われています。
逆に、仮性包茎に近ければ特に痛みが伴わないときに限り手術をしなくても良いか、先送りしても良いかもしれません。

もし手術をするとなった場合、基本的な費用としては150,000円から350,000円位になります。
このように金額が大きく開いているのは手術の仕方に違いがあるからです。

簡単な手術ならば150,000円程度で済ますことができる

仮性包茎の一種と言われているカントン包茎ですが、手術を必要とする場合には150,000円もあれば充分といえます。
ただ150,000円と言う金額は、基本的にそれほど高いものではありません。
ヒアルロン酸やシリコンを注入する場合と異なり、メスを使って行うため金額が跳ね上がってしまうものです。

ただ150,000円程度の金額ならば、特別にきれいに切る事はありません。
もちろん多くのクリニックでは形が悪くならないようにきれいに切りますが、特別精密に計算するわけではありません。
必要最低限のデータをコンピューターに入れて、どれぐらいまで切れば形が良くなるかを見ていきます。
それ以上細かい部分は行わないためそれで充分だと感じる場合には、200,000円弱の金額を用意しておけば何とかなります。

高いものに比べると、若干傷跡が見えやすくなるかもしれません。
また、皮が少し余るような事はありますが元の状態に戻る事はまずありません。
そのため、特別こだわりがなければ150,000円程度の手術を申し込んでみましょう。
ただクリニックによっては、1番安い手術が200,000円することもあるためクリニックのホームページを見るか実際にカウンセリングの時担当医師と話をしてみるのが良いです。

比較的高い包茎手術の場合は

カントン包茎手術の結果、かなり綺麗な状態に仕上げたい場合にはもう少しお金をかける必要があります。
クリニックによっても違いますが、比較的きれいにするためには350,000円位のお金を支払えば行ってくれるでしょう。
クリニックによって400,000円することもありますが、500,000円を超えるようなところはあまりありません。

安いものと何が違うかと言えば、安い包茎手術に比べるとさらに精密に計算をします。
人間が計算するのではなくデータをコンピューターに入れて、どの程度皮が伸びるかを考えて切断するのです。
そして、切った断面も外から目立たないように後ろ側から切っていきます。
後ろ側とは、ちょうどペニスの裏側にあたる部分であり銭湯などにいってもまず見える事はありません。

それだけでなく、傷跡がちょうどカリの下の部分に来るように計算しています。
なぜその位置に傷あとを持っていくかと言えば、ちょうど目立たない場所だからです。
カリの部分は他の部分に比べると少しだけ太くなっており、ちょうど段差がありますがその段差のところで切断部分を持っていけばかなり近づいてもわからないでしょう。
当然本人も、手術をした事実を知っていてもどのあたりに傷口があるかわからないことも少なくありません。

まとめ

子供の頃から包茎が治らず大人になってもカントン包茎になっている場合には、手術をした方が良い場面も多いです。
手術をする理由は、見た目の悪さだけでなく病気になる可能性もあるからです。
また、皮が亀頭を締め付けることにより血液の流れが悪くなり機能がなくなってしまいます。
これを避けるためには、思い切って包茎手術をするのが良いといえます。

基本的な費用は150,000円から400,000円位の間です。
安いものであれば150,000円から200,000円位で行うことができるでしょう。
ただしこの場合には、傷跡が見えることもあるためそれが気になる場合は400,000円近く出した方が良いです。